製品紹介

珈琲豆用 石抜精選機 CRS1 (特許)

CRS1(一覧画像600×1200)

CRS1は珈琲豆(生豆・焙煎豆)に混在している小石・砂粒、金属片・ガラス片等の夾雑物を選別除去。さらに小さい欠片豆や細かい粉塵までも取り除き(特許)、異物混入のないクリーンな珈琲豆にする石抜精選機です。

珈琲豆は、小石や金属片のような異物*が混入していると、著しく珈琲豆としての品質を落としてしまいます。また、石だけでなく、シルバースキン、あるいは未熟豆や欠片豆、さらには粉塵といった様々な夾雑物が混在したままで焙煎してしまうと、これらの夾雑物から発生する雑味やエグ味の元となる成分が、珈琲本来のピュアな味や香りを損なわせてしまいます。よって味や香りにこだわる高品位な珈琲豆に仕上げるためにはこれらの夾雑物はできる限り取り除いてあげる必要があります。
(*比重選別方式を採用していますので、石や金属の類であっても珈琲豆よりも比重の軽い軽石や土塊、アルミ等は除去することはできません)




CRS1は、生豆と焙煎豆のどちらでもご使用になれます。
珈琲豆(生豆・焙煎豆)と石との比重の違いを利用し、珈琲豆に混入する小石や砂粒を、揺動と風力によって比重選別して除去します。さらに別途装備したセレクターが、未熟粒や砕け豆などを篩い分けますので、夾雑物のない粒ぞろいの豆に仕上げます。また選別時に発生する細かい粉塵も出口先端のエアーシャッターにより機内に完全にシャットアウト。CRS1は生豆でも焙煎豆でも、異物混入のない高品位、かつ、粒ぞろいでピュアな珈琲豆に仕上げることができます。

 



機種名 珈琲豆用石抜選穀機
CRS1
容量 [kg] 9(生豆)
4.5(焙煎豆)
動力 [kw] 単相100v/100w
能率 [kg/h] 240(生豆)
120(焙煎豆)
寸法 [mm]
  高さ×幅×奥行 
950×470×745
出口高さ [mm] 460

CRS1(320×320)
正面側から見たCRS1
除去された石は背面の専用の回収容器に、ゴミや粉塵等は下部ダクトトレイに分散されて排出されます
CRS1シャッター(320×320)
正面側上方から見たCRS1
中央のダイヤルで珈琲豆の流量を調整します。生豆と焙煎豆ではダイヤルの位置が異なります。
CRS1セレクター(320×320)
排出口のフロントカバーを外した位置にセレクター(フルイ)があります。珈琲豆をここで一定以上の大きさに揃えることができます。目詰まり防止機能や流量調整機能など選別効率を上げるための様々な工夫がなされています。



製品リストへ戻る


お問い合わせ お問い合わせフォーム