製品紹介

  

蕎麦用 自動製粉システム MSP-2S

MSPシリーズは、製粉プラントをコンパクトにダウンサイジングした、ミニ自動製粉システムです。

MSPシリーズは、製粉プラントをコンパクトにダウンサイジングした、ミニ自動製粉システム(以下、製粉システム)です。穀類ごとに、それぞれの特性に合わせた専用の製粉システムとすることにより、製粉から篩がけまでの繊細で複雑な一連の工程を効率よく作業することができます。
MSP-2Sは、玄蕎麦22.5㎏から30分で60メッシュの蕎麦粉が約12kg(歩留まり53%)作成できる、蕎麦専用の自動製粉システムです。

製品ラインナップへ
MSP-2S_prot3

製粉機(粉砕機)シリーズ(1号製粉機・2号製粉機・3号製粉機)

マルシチの製粉機(粉砕機)は、米粉や蕎麦粉、小麦粉、またはコショウや山椒、唐辛子、カレー粉などの各種香辛料など、主として穀物の製粉・粉砕を要する食品加工分野で幅広く活躍しています。

石臼の原理を応用した独自のすり鉢(ばち)状の2つの臼で構成される製粉機構により、微紛(細砕)から粗挽き(粗砕)まで微妙な粒度調整も可能で、素材の特性や用途に応じた製粉(粉砕)をすることができます。穀物類ではコメ・麦・蕎麦・大豆・粟・稗・黍・胡麻・トウモロコシ、あるいは生姜・ウコン・海藻・薬草・山椒・トウガラシなどの乾燥野菜類、さらには小魚・魚骨・サナギなど、穀物に限らず様々な素材を繊細かつ高能率に粉砕し製粉することができます。

製粉機は飼料米の粉砕機としてもご使用できます。飼料米は玄米だけでなく籾米でも高能率でお好みの粒度に粉砕します。

製品ラインナップへ
1

高能率タイプ 製粉機と篩のセット(2号製粉機+篩MF2S)

蕎麦粉は毎時55kgの高能率! 蕎麦の製粉作業に最適なセットです。

製粉機と篩(フルイ)をセットして使うと穀粒を均等に揃えた製粉作業が行えます。特に玄蕎麦を製粉する場合には、蕎麦殻を除去しながら粉粒の大きさを揃えることができるので大変便利です。

2号製粉機は時間当たり蕎麦粉は55kgの製粉能率を有する挽き臼式の製粉機です (米粉は200kg) 。また、MF2Sは能率が70kg/h(蕎麦粉、米粉共)の電動式篩で、製粉機と組み合わせて使うことにより製粉からフルイがけまで一連の作業を効率よく行うことができます。

製粉機に篩をセットした時の能率は後工程である篩の能率の範囲内となります。したがって、2号製粉機にMF2Sをセットした場合の能率はMF2の能率の範囲内となりますので、時間当たりの能率は蕎麦粉は55kgとなります(米粉は70kg)。

製品ラインナップへ
1

製粉機と篩のセット(3号製粉機+篩MF3S)

毎時35kgの能率。 蕎麦や米粉の製粉に!

製粉機と篩(フルイ)をセットして使うと穀粒を均等に揃えた製粉作業が行えます。特に玄蕎麦を製粉する場合には粉粒を揃えるだけではなく蕎麦殻の除去もできるので篩がけ作業は必須となります。

3号製粉機は時間当たり米粉は100kg、蕎麦粉は25kgの製粉能率を有する挽き臼式の製粉機です。またMF3Sは能率が35kg/hの電動式篩で、製粉機と組み合わせて使うことにより製粉からフルイがけまで一連の作業を効率よく行うことができます。

製粉機に篩をセットした時の能率は後工程である篩の能率の範囲内となります。したがって、3号製粉機にMF3をセットした場合ではMF3の能率の範囲内となりますので、セット時の時間当たりの能率は米粉は35kg、蕎麦粉は25kgとなります。

製品ラインナップへ
1

  


お問い合わせ お問い合わせフォーム