会社概要

会社案内

名称 株式会社丸七製作所 創業当時の山形工場
ムーバブル精米機(通産大臣賞受賞)
本社 〒120-0034 東京都足立区千住1-23-2
TEL:03-3879-0701 FAX:03-3879-8040
山形工場 〒990-0057 山形県山形市宮町3-4-5
TEL:023-632-0055 FAX:023-632-0057 メール:info@maru-7.co.jp
【営業時間】 8:20~17:10
【定休日】 日曜日・祝祭日
創業年月日 昭和6年(1931年)
代表者 代表取締役 阿部 信一
営業品目 精米機を中心とする穀類の加工機・調整機の開発・製造・販売
主要取引先銀行 三井住友銀行・りそな銀行・みずほ銀行・きらやか銀行・山形銀行
取扱品目 自家用精米機・業務用精米機・石抜精米機・製粉機・餅練機・石抜機・研米機(乾式無洗米機)・穀類混合機(混米機)・穀類精撰機(セレクター)・昇降機・味噌擦り機・穀類タンク
取引先 全国600社

社歴

昭和6年 阿部彦七が東京の千住にて丸七製作所を創業。
主として精米機・製粉機の製造販売を開始。
東京工場稼働。
ムーバブル精米機
昭和10年 山形市宮町に山形工場稼働。
昭和22年 法人組織に変更。株式会社丸七製作所となる。
昭和25年 循環型ムーバブル精米機を発売。
通産大臣賞受賞。
昭和38年 石抜撰穀機(石抜機)を発売。

特願 38-38117・特許公告 昭-42-6141

実願 38-75264・実用新案広告 昭-42-1873

昭和39年 社長阿部彦七が長年の功績を認められ黄綬褒章を受章。
昭和40年 現在の精米機の事実上の標準となる外気吸引式精米機を発売。

特許登録番号 第496174号

昭和41年 需要の増大に伴い山形新工場建設。
阿部梅子が社長となる。
昭和48年 穀粒混合機(混米機)ミックスターを発売。

特許登録番号 第889517号

昭和56年 精米機と石抜撰穀機との一体型である石抜精米機MC20を発売。
(意匠登録番号 第632858号)
昭和62年 山形工場研究・実験棟を新築。
小型精米機エコートップを発表。
昭和63年 東京都足立区千住に本社ビルを新築。
平成6年 小型混米機ハイライサーA-1を発売。
平成9年 乾式無洗米機の魁となる研米機F-1を発売。
平成10年 M2の後継機種としてM23D・M26Dを発売。
平成15年 阿部梅子が会長に、阿部和彦が社長となる。
平成20年 自動運転機能を有するシステム石抜精米機MC2200・MC3700を発売。
雑穀に対応する小型穀粒混合機としてハイライサーW-1を発売。
平成21年 珈琲豆用石抜機MRS1および上位機種のCRS1を発売。

特許登録番号 第4779034号

自家用小型精米機としてMS30シリーズ4機種を発売。
電動式フルイMF2、MF3を発売。
平成22年 阿部和彦が会長に、阿部信一が社長となる。
平成23年 創業80年。
小型精米機MS30シリーズ及びリニューアル版自家用精米機M23D・M26Dを発売。
電動式フルイの最上位機種MF1を発売。
平成24年 機能を強化した新型電動式フルイMF2S・MF3Sを発売。
石抜精米機MC3700(MC2200)をリニューアルしたシステム精米機MC3700R(MC2200R)シリーズ、ベーシックなType1と小米取り機能を付加したType2の2タイプを発売。
MC3700R(MC2200R)Type2のオプションとして袋詰め用mini昇降機MLB400、また汎用タイプとしてMLB400APを発売。
平成25年 自家用小型精米機MS100シリーズ、及び石抜機付のMSC100シリーズを発売。
ソバ用自動製粉機MSP-2Sを発売。
平成26年 MC3700R(MC2200R)にトップランナーモーターを搭載し、石抜機能、セレクター機能を付加した高付加価値システム精米機MC3700R(MC2200R)Type3を発売。

アクセスマップ

丸七製作所 本社アクセスマップ

電車でお越しの場合

常磐線、つくばエクスプレス、東京メトロ千代田線・日比谷線、東武伊勢崎線「北千住駅」より徒歩10分。

お車でお越しの場合

国道4号線千住警察署入口交差点より東京芸術センタービル手前を左折。

もっと詳しい地図は下記アイコンをクリックしてください。

googleマップ


お問い合わせ お問い合わせフォーム